塾まかせにしない

有名進学塾に入塾できたから、後は塾に任せて子供がしっかり勉強してくれれば安心だわ!なんて思っている保護者がいたら大間違いです。進学塾に行くようになった、中学受験に備えた勉強を本格的にするようになった、つまり、中学受験が近いという事です。

この時こそ、お子さんの様子に気を配ってください。中学受験が近いというプレッシャーを一番強く感じているのはお子さんです。勉強しなければならない、頑張らなければならないという気持ちが空回りして、やる気がなくなってしまうお子さんもいます。

塾でどのような状態でいるのか、成績やテストの点数ばかりではなく、お子さんの様子も確認すべきです。進学塾の中には、保護者に対して成績を知らせる際に面談し、お子さんの様子を知らせてくれるところもあります。またこうしたフォローを全くしない塾もありますので、お子さんを迎えに行く時など講師を見つけたら、それとなく、様子はどうですか?と確認してみましょう。

学校での様子も参観日などで先生に確認し、コミュニケーションをしっかり取っておくことが求められます。また生活環境もリズムよく勉強できる環境を整え、保護者として出来るサポートをしてあげてください。塾任せにするのではなく、塾で頑張っているお子さんと共に家族も同じ気持ちだという事を知らせてあげることで、お子さんはより安心して勉強ができるでしょう。