進学塾と習い事

小さいころからずっと習ってきたピアノや習字、でも小学校高学年になり、中学受験を目指すことになると、習い事をやめてしまうお子さんもいます。進学塾に行く時間を考えるとお子さんに負担が大きくなるのでは?と考え、保護者が習い事をやめさせてしまう事もあるのですが、この点に関してはお子さんとよく話し合って決めてください。

中学受験では塾で中学受験の出題傾向に沿った学習を指導してもらう事が必要です。独学で合格できないという事はありませんが、独学で合格できるお子さんは本当に稀です。塾で中学受験のノウハウをしっかり指導され、知識を身に着けることで合格する可能性が出てきます。

進学塾へ通う事は大切な事なのですが、お子さんがこれまで続けてきた習い事は、塾との両立できるかどうか、お子さんの意見をしっかり聞いてください。大好きな習い事だったのに中学受験のために「辞めさせられた」とお子さんが考えてしまうと、勉強する事への威力が失われてしまう事もあります。

お子さんが決めかねているのなら、まず、進学塾をスケジュールに組み込んでみる、ピアノなどの習い事をしながら負担なく出来るかどうか様子を見る、お子さんへの負担が大きいと判断したら、お子さんともう一度話し合ってみる、など、お子さんの意見を聞くことを忘れないようにしましょう。