低学年から大手進学塾という選択

お子さんの性格によりますが、お子さんが勉強する事にストレスを感じていない、勉強する事に慣れているという状態であるなら、低学年から大手進学塾に通うことも、中学受験対策となります。

低学年の時代には学習をする癖をつけることが何よりも大切になりますし、基礎の取りこぼしがないように予習復習をしっかり行い、分からないことがないようにしていくことが最も重要ですが、お子さんによっては勉強する事にストレスを感じることが少なく、知識をしっかり呑み込んでいくお子さんもいます。

大手進学塾では中学受験の難問に対応できるカリキュラムを組んでいますが、実は、低学年クラスから、中学受験を見据えたカリキュラム作りが行われています。こうした大手進学塾の低学年クラスには、中学受験で御三家といわれる超難関校への受験を志すお子さんが多く通われています。

通常、中学受験の準備は小学校4年生くらいになったら本格的に開始する事が望ましいといわれますが、受験対策、受験準備など絶対に必要な準備に必要な期間を考慮して、小学校4年生が望ましいとされているだけで、お子さんの将来の負担を考えると、低学年から中学受験のためになる勉強をしておく方がいいともいえます。保護者の方の考え一つですが、お子さんと大手進学塾の低学年クラスに体験などしてみて、負担なく指導を受けられるようなら、低学年からどんどん進学塾に通わせてもいいでしょう。