低学年時の塾と自学

早い段階で中学受験を考えているご家庭では、お子さんが勉強する時間をしっかり設けているでしょう。低学年の時代は、のびのび遊ぶ方がいいと考える保護者も多いのですが、この年代こそ、勉強の癖をつけるために重要な年代です。

ずっと勉強しなさいと言ってこなかったお子さんに、高学年になってから「勉強しなさい」「塾を決めてきた」などといっても、なぜ宿題も終わったのに勉強する事が必要なのか、なぜ塾に行かなければいけないのか納得できないことが多いのです。小学校高学年になると、思春期の直前で中には保護者に反抗するお子さんも出てきます。

低学年の時、塾に行く必要がないといわれていますが、近くにある授業の予習復習ができる塾などに通わせておくと、塾に行くことが当たり前ととらえるようになります。自宅での勉強も、宿題の後に行う自学を保護者がテキストやドリルなど与えることで、毎日行っておくと、「自学が当たり前」になっていきます。

こうした「勉強する環境作り」「塾で指導してもらう事に慣れる」という事を行っておけば、自学の癖も付きますし、塾に行くことへの抵抗感などもなくなります。お子さんがまだ低学年でも、将来中学受験にチャレンジするかもしれないというご家庭では、塾に行くことを考えてみるといいでしょう。