思考力等を養うテキスト使用の塾

中学受験を独学で乗り越えたというお子さんもいます。今お子さんの成績がかなりいい状態で、通っている小学校の中でも1番2番の成績、というと、これなら中学受験にも挑めるのでは?と考える保護者もいるでしょう。でも、小学校の授業だけ、つまり塾などに通うことなく独学で中学受験に合格するという事は本当に稀なことで、たとえ好成績を持っていても合格できるとは限らないのです。

中学受験で出題される問題の中には、中学生になって方程式などを用いて解くような問題などが出題されています。方程式は小学校で習う事がないので、小学校で習う事を応用して解くことが必要となります。また、学校の成績がいいだけでは到底解くことのできない、思考力、想像力を駆使して解く問題などが出題されています。

テストを受ける時の学力の高さではなく中学に入ってからの「のびしろ」を見極めているのです。想像力や思考力を駆使して解く問題に慣れていないと、どんなに頭がいいお子さんでも合格する事ができません。

中学受験に特化した塾では、中学受験実施校の出題傾向の中で、出題されることが多い思考力を利用した問題などについて、しっかり対策を練っています。テキスト、カリキュラムにこうした問題が入っているかどうか、そこを確認する事も、塾選択のポイントです。