入塾の前に勉強?

中学受験を考慮した場合、塾に通わせはじめる理想的な学年は小学校4年生です。この段階から中学準備をしっかり行い、塾を選択し、レベルの高い指導を受けておけば、小学校高学年になってからあわてて学力向上に動き出すより余裕があり、しっかり中学受験のための学習ができます。

大手進学塾など中学受験に特化した指導を行っている塾では、一般的に入塾テストが行われます。このテストで学力に応じた振り分けがあるのですが、できれば、この時点でなるべく上のクラスに入っておくことが大切です。上のクラスというのは、中学受験でも難関校と呼ばれる受験に適したカリキュラムで指導するクラスです。

下のクラスから入り、上のクラスに上がっていけばいいという方もいますが、実は下のクラスから上のクラスに行くのはかなり大変で負担が大きいのです。下のクラスと上のクラスでは、指導内容にも違いがありますので、やはり、入塾テストでいい成績を取り、上のクラスで入塾できることが一番です。

そのため、塾に入る前に「上のクラスに入るための勉強」を行い、入塾テストに備えましょう。保護者の中には上のクラスに入る事をめざし、入塾テスト前に違う塾の個別指導を受けてから入塾テストを受けさせるという方もいます。