大手進学塾の中の個別指導

中学受験を志すご家庭において、進学塾は強い味方となりますが、性格が消極的で人見知りのお子さんだったり、講師に質問などができないタイプのお子さんは、わからないことがそのままになる事もあり、進学塾にいっても思うように生成機が上がらないことがあります。

この場合、個別指導塾や家庭教師を選択した方がいいか?と保護者は悩むと思いますが、中学受験の情報に非常に長けている進学塾をやめて他の個別指導塾や家庭教師にするというのも、保護者にとっては情報面などで不安があります。また不得意科目があり、集団指導の進学塾ではついていけないという事で、その科目だけ個別指導塾を利用するとなると、余計に費用がかかります。

最近は大手進学塾の中でも、集団指導と別に個別指導を行うところが多くなっています。集団型の授業を受けることもできるし、苦手科目などは個別指導を受けることもできるという形になります。ほかの塾と併用するとなると、送り迎えや学習スケジュールの調整などが大変になってしまいますし、お子さんにも大きな負担となります。

進学塾の個別指導を利用して、得意科目は集団型の授業で指導してもらい、苦手科目については個別指導で基礎学習からしっかり教えてもらう、という方法を選択してもいいでしょう。