集団塾かそれとも個別指導塾か

中学受験の塾選びで大切なことはお子さんの性格をしっかり把握して塾を選択するという事です。お子さんの性格を把握したうえで集団塾がいいのか、個別指導塾がいいのか判断しましょう。

集団塾というのは1クラスの人数が30人、40人で指導を受ける塾です。大手進学塾にはこうした集団型の塾が多く、クラスは学力によって振り分けが行われているのが一般的です。同じくらいの学力のお子さんをクラスにまとめているため、学力にあった学習ができるという事と、周りにライバルが大勢いるので競争意欲も高く学習できる利点があります。

個別指導塾は1名、また2名、3名の少人数に講師が1人ついて指導するという形態です。少人数なので講師の指導が細かく行き届き、指導する子供の事をよく理解できるため、きめ細やかな指導ができるという事が大きな魅力です。気持ちが強く競争心が高いお子さんは集団塾で、他のお子さんと切磋琢磨する事で成績が伸びる事がありますし、物怖じしないお子さんなら先生にわからない点などをどんどん質問できるため、積極性のあるお子さんに向いています。

消極的で気が弱く、人見知りだというお子さんには個別指導塾がいいでしょう。大勢の中で質問ができなくても講師と1対1なら質問できるようになるお子さんが多いです。苦手科目がある、基礎ができていないなど周りと比較して学力が低めというお子さんにも個別指導塾がオススメです。