塾に行くことの必要性を話し合う

中学受験に納得し、レベルの高い中学に行くのだという意志をもって勉強に励んでくれる子供ならいいのですが、勉強があまり好きではなくいやいや勉強しているというお子さんならなおさら、進学塾に入る事にいい気持ちを持たないでしょう。中学受験に気持ちが向いていないお子さんがいくらレベルの高い指導力を持つ塾に通っても成果が出ないものです。

塾に入る前に、お子さんとしっかり話し合いをしましょう。なぜ、中学受験が必要な学校に行くことが重要な事なのか、なぜ塾に行くことが必要なのか、こうしたことに理解があるとないとでは知識の吸収が全く違います。

公立小学校でお友達もたくさんいて、その子たちのほとんどが公立中学校へ行く、でも自分は勉強の時間を多くして塾にも通い中学受験をしなければならない、という状況だと、小学生ですからやる気にならない子もいるでしょう。

私立中学に行くことで高校や大学についての選択肢を広げる事ができる、幅広い勉強ができる、またスポーツに関してもより良い設備の整った環境があるなど、私立中学に行くことの楽しさ、利点などを伝え、さらに塾に行くことでそうした魅力ある学校に合格する近道になるということもしっかり伝えます。小学校6年生になってからいきなり話し合うのではなく、できれば小学校3年生、4年生の中学年あたりから中学受験の意義、塾の必要性をしっかり話しておくといいでしょう。